スタッフブログ

スタッフブログ

2020/08/02 | ニュース

Honda e 先行情報サイト

 

みなさん、こんにちは。水守店 営業の松永です。


 

本田技研工業の公式ホームページに新型電気自動車「Honda e」の先行情報サイトがオープンとなりました。

https://www.honda.co.jp/honda-e/new/?from=topbanner

2020年度レッド・ドット・デザイン賞を受賞しました。
先行情報サイトでは外観や内装、コネクティビティなどの情報を見ることができます。

「Honda e」で特徴的なのがサイドミラーレスにし、中のモニターで確認できるようになっています。
ワイドビューモニターでナビやオーディオなども助手席の方とも楽しめそうです。
新型FITから始まった「Honda Total Care Premium」やスマートフォンなどからの「リモート操作」もできます。
OK Honda」と問いかけるパーソナルアシスタントが搭載され、さらに運転が楽しくなりそうです。

2020/07/30 | ニュース

健康経営第2回

みなさん、こんにちは。水守店 営業の松永です。

 

前回の健康経営に引き続き、今回も「運動」について。
前回は筋トレが主にでしたが、今回はストレッチです。

 

腰痛に悩みがあるスタッフも多く、腰痛に対する講義もしてもらいました。
腰痛は原因がはっきりわかる「特異的腰痛」とレントゲンなどでも原因がわからない「非特異的腰痛」とに分かれます。
全体としては「非特異的腰痛」の割合が8割を占めているそうです。

腰痛の予防としては、重量のある荷物を持ち上げるときには腰を曲げるのではなく、ひざから曲げ低い姿勢から持ち上げる。
長時間同じ姿勢になってしまうデスクワークや長距離運転は適度の休憩を入れ姿勢を変える、などがあります。

腰痛予防のためのストレッチを教えてもらいました。
腕を組み前へ出し、背中全体を曲げるように伸ばしたり、組んだ手を後ろへ伸ばし胸をはったり。



片足を前に出し、出した足と反対側の手でつま先を触るように上体を倒しもも裏(ハムストリングス)を伸ばしたり。


↑体が硬く指導員に補助してもらっています


姿勢を正して座り、骨盤をゆっくり前後に動かす、など。


講義のあと、個々人への質疑応答もしていただきました。
実際にレクチャーを受けながらストレッチをすることもできました。


次回は楽しみな「食事」についてということです

2020/07/10 | ニュース

CIVIC TYPE Rが鈴鹿サーキットでFF車最速に

みなさん、こんにちは。水守店 営業の松永です。

 

先日、7月9日に本田技研工業から「CIVIC TYPE Rが鈴鹿サーキットのFF車最速記録を更新」と発表がありました。
今年2月に走行した記録で、今年発表予定のCIVIC TYPE R Limited Editionでの記録更新となりました


2019年にドイツのニュルブルクリンクでFF最速をルノーの「メガーヌRS トロフィーR」に抜かれ、鈴鹿サーキットでも同年11月26日に2分25秒454というタイムで当時FF(フロントエンジン・フロントドライブ)車の最速記録として抜かれていました
今回はこの鈴鹿サーキットで、2分23秒993というタイムで最速記録の更新をCIVIC TYPE Rが達成いたしました
ドライバーはSuperGTで活躍する伊沢拓也さんでした。

 

このCIVIC TYPE R Limited Editionは、FK8型TYPE Rの進化版となっており、BBS製20インチ鍛造アルミホイールによるバネ下重量の軽量化ミシュランタイヤのハイグリップタイヤ「パイロットスポーツcup2」による旋回性の向上が大きな特徴となります。


Limited Editionは国内200台限定販売となるそうです。
詳細はまだ発表を待つしかありませんが、楽しみに待っていようと思います。

 

専用サイトでは鈴鹿最速記録のオンボード映像とドキュメンタリーが見れます。
ぜひご覧ください。
https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/

2020/07/04 | ニュース

健康経営第1回

みなさん、こんにちは。水守店 営業の松永です。

 

 

昨年、私ども「ホンダカーズ藤枝東」は、「健康経営優良法人」に認定されました。


健康経営優良法人」とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人のことをいいます。

少子高齢化が進み、従業員の高齢化や若手社員の確保・維持がだんだんと大変になってきます。健康面で会社としてサポートし、健康=生産性の向上につながります。

  

この「健康経営」を今後とも持続していくために、講師の方もお呼びしてセミナーを開催していきます。

 

その1回目625に行いました。

今回は「運動」ということで、仕事の合間にできるようなストレッチや筋トレを教えていただきました。



まずは、己を知るところから。

機械に乗りBMIや筋肉量を計測し、個々の体のバランス等を視える化しました。

血圧も測り、簡単な体力テストを行いました。

 

体力テストは、目を閉じて片足立ちを何秒間維持できるか、椅子への着席・起立の連続10回を何秒でできるか、まっすぐ立っている状態から腰を曲げ前屈でどこまで柔らかいのか、という内容でした。



その後ストレッチのレクチャーを受けながら実際にやってみました。

足の伸ばし、体を伸ばし、腕を伸ばし。ストレッチした後は少しすっきりした気分になりますね。



そして筋トレです。腕を曲げ伸ばししながら肩甲骨を意識し肩回りをいじめていきました。


腕の位置を斜め下、真っすぐ前、真上とそれぞれの位置から肩甲骨を引き寄せるように腕を曲げていきます。自重トレーニングになるので、負荷もそこまでないのでだれでもできます。


そしてスクワット。椅子を使って行い、腕を組み姿勢を意識したまま上体を起こしていきます。より負荷をかけたい方は、ひざを伸ばし切らないこと、上体を起こしたり降ろしたりする時間を長くすることでより効果がでます。



第1回目終了、お疲れ様でした
今後、毎月セミナーを行い半年間の実践を行っていきます。


 

会社でなくても「ふじ33(さんさん)プログラム」という内容で個人的にも取り組むこともできますので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

 

2020/06/08 | ニュース

子どもアイディアコンテスト

 

みなさん、こんにちは。水守店 営業の松永です。

 

緊急事態宣言も解除となり、段々と周辺の小学校・中学校・高等学校も再開し始めていますね。
ご来店くださるお客様もお子さん連れが徐々に減ってきている気がします。
日常にまた一歩戻った感じですね。

 

ホンダでは6月1日より「第18回子どもアイディアコンテスト」を開催しております。
「子どもアイディアコンテスト」とは、未来にこんなのがあったらいいな、と思うアイディアを作品にするコンテストです。
自分の思い描く「あったらいいな」というアイディアを考え、絵に書き、応募するだけです!

「あったらいいな」はなんでもよいです。
考えるだけで走れるクルマ、空飛ぶ電車、自然エネルギーで動くロボット、料理の味を変える機械など、様々な発想があると思います。

 

応募は小学生が対象となります。
低学年、高学年で部門がわかれます。
インターネットから専用リーフレットを申し込みでき、届いたリーフレットに沿って記入し郵送で応募できるようになっています。
応募者には全員に「Hondaオリジナルポーチ」がプレゼントされるそうです。
個人ででも学校ででも応募してみてはいかがでしょうか。

 

子どもアイディアコンテストはコチラ↓
https://www.honda.co.jp/philanthropy/contents/next-generation/ideacontest2020/

応募はコチラ↓
https://www.honda.co.jp/philanthropy/ideacontest/entry/index.html

ページの上部へ戻る